若作りとは

自分を実年齢よりも若く見せようとするあまり、年「不」相応なファッションやメイクをすることを若作りと言います。

「若作りしているね!」と言われて気分良くなる人はいません。要するに「若作り」とは本人に聞こえないところで陰口的に言われるような言葉であり嫌味が含まれています。

「若いね!」と言われるならまだしも「若作りだね~!」なんて言われないようにありたいものですよね。

そして、女性はお世辞がとても上手な生き物です。他人をやたら褒めることで世渡りしている女性も多くいます。

なので、同性の褒め言葉は半分くらいの信用度で聞くようにしましょう。反面、異性に褒められるととても嬉しいですよね。

異性に「若いですよね」「とても○歳には見えません!」なんて言われると(ビジネスの場以外で)あなたの若作りは成功していると思って良いでしょう。

多くの女性は「若い子の着ている服、サイズが合うのなら着ればよい」という人が多いようです。また、そのような女性を「素敵~」と評価している人も多いのです。正直腹の底ではどう思っているのかはわかりませんが。

それに対し、男性は年相応の格好をしている人や自分の年齢を受入れている人に好感を抱くそうです。

自分の実年齢を認めることは、決して美から遠のくことやおばちゃん化することではありません。

もうアラフォーなんだから、今まで着ていたブランドから離れて同じ系列のお姉さんブランドに移行しよう!とすることや年相応のメイクを学ぼうと努力することは、美を作る上で大事なことです。

それは「若作り」とは違うのかもしれません。確かに「若さを作っている」のですが。言い方を変えれば自分を知ることで自分の中にある長所や若さを引き出していると表現してもよいでしょう。

「若作り」は自分を若く見せようと必死になって無理をしていることなので、他人に不自然さを与えてしまいます。自然な若さを出している人は「若く見せることが非常にうまい人」と言えるでしょう。

自然な若さか不自然な若さか、これがキーポイントでしょう。そして無理な「若作り」はとても損です。イタイタしさ感じてしまうのは、比較対象になるべく存在があるからです。

20代前半の子の服装やメイクをしている人、確実に真の20代前半の子と比較されています。当たり前ですが、勝ち目はありません。

言い方はものすごく悪いですが、若作りしている人は「勘違いしている人」ということですね。自分を分かっていないからこそ、やってしまう「あいたたた・・・」が若作りです。自分のことを知るって大事ですね。

特にスタイル抜群で美しい女性は「モテ期」という過去に栄光がある為、なかなかその黄金期の服装やメイクなどの外見から抜け出すことができません。

しかし、頑固にそれを貫いてしまうといざ同窓会などがあった場合「昔は綺麗だったのに、なんか痛々しい残念な人になってしまったな~」と思われかねません。

過去は過去です。過去の栄光は大切な思い出としてとっておいて、年相応の美を作って今から栄光をつくりましょう。今からもっともっと美しくなることは可能です。モテ期到来も十分あり得るのです!

1.40才からのしわ対策
しわとり用化粧品を徹底解説。気になる部位別の対策が充実。

2.元パーソナルトレーナー レオンのダイエット応援ブログ
健康的なシェイプアップ法を優しい語り口で解説してくれます。

3.水素水お試し隊 | メディアで話題の『水素水デトックス』を比較体験してみました。
水素水をタイプ別に解説。自分にあった水がみつけられそうです。

4.アラフォーさくらの美容日誌
化粧品やサプリの体験記事。詳細な使用方の解説がうれしい。

5.美術スクール全国マップ|習い事・専門学校
使いやすい検索機能で自分にぴったりの美術学校が探せます。

6.60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!
丁寧で読みやすい説明で、自分にあった化粧水が選べます。