通販ばかりに頼らない!美容部員さんに聞こう!自分に合う色!

今や何でもネットで手に入る時代ですよね。洋服や靴に日用品・・・わざわざスーパーやデパートに行かなくても何でもネットで購入できます!

化粧品も通販で購入している人、けっこういるのではないでしょうか。一週間分のお試しセットが低価格で購入できたり、サンプルもたくさんついてきたり、中にはかわいいポーチ付!という通販化粧品もあります。

送料を取られても、デパートに行く交通費と比較するとさほど変わらないし、品質も良いので自分の肌に合うメーカーを見つけられた人にとって通販は最適な購入手段だと思います。

ただ、時々は対面式の化粧品売り場に行ってみるようにしましょう。

通販化粧品でもデパートや商業施設内に店舗を出しているところも最近多くなってきましたよね。行ってみるとやっぱり「人と接して購入することのメリット」が見えてくるのです。

最大のメリットは自分に似合う色を見つけてもらえることです。よく顔面の色と首の色が全然違う人見ませんか?口紅の色が浮いていたり、アイシャドーやマスカラのカラーが肌色に合っていない、年齢にも合っていない、眉毛の色が髪とも肌とチグハグ。そういう人、結構よく見かけます。

同じメーカーの通販歴5年だとします。でも、5年前の肌と今の肌ってやっぱり違うんですよね。いつまでも若い頃の色味を使ってメイクをしていてはどんなにメイク技術があってもダメです。

やっぱり年相応の色というものがあって、その色をつかってこそ自分の本来の肌色を若く見せることができるのです。人にはパーソナルカラーというのがあり、その人に合う色の傾向というものがあります。是非プロの美容部員さんにあなたに合う色味を探してもらいましょう!

できれば1年に1度は行って実際にファンデーションやリップ等の色味を見てもらうのが良いでしょう。

色味だけではありません。店舗ならではの特権としては、肌診断ができる機械を置いているところもあります。自分は水分不足なのか油分不足なのか計測してもらうことができるのです。基礎化粧品の見直しもできますよね。

また、百貨店などの大きいところではなかなか難しいかもしれませんが、量販店内にある売り場だとメイクを落として基礎からメイクしなおしてくれるところもあります。そこで勉強になるのが、美容部員さんのメイク法です!

ファンデーションの塗り方が丁寧なこと。仕上げパウダーの塗り方がふんわりとして自然なこと。などなど・・・いかに自分のメイクが雑だったかを知るきっかけにもなります。

化粧品パンフレットに記載されている順番通りに塗っていけばよし!重ねていけばよし!ではなかったのです。

クリームファンデーションを塗った後は一度自分の手で顔全体を包み込むようにして温めることって必要なんだ~と学んだことがあります。(化粧品メーカーによりますが)

自分が好きな色はピンクでも私に似合うチークの色はオレンジ系なんだな~と気づかされたことも。

今はスマホで、自分の顔写真さえあれば服やメイクのシミュレーションができてしまうアプリもありますが、やっぱり実際に見てもらうのとカメラ画像でのシミュレーションでは全然違うのです。

対面式の売り場に行ったからといって必ず買わなきゃいけないわけではありません。「色をみていただけますか?」「試してみたいのでサンプルとかありますか?」という感じでプロからいろいろと学びましょう!

自分の好きな色は自分に似合う色ではありません。自分の肌色は自分が思っている色と実は違うのかもしれません。是非、あなたに合う色をみつけて「若返りメイク」しましょう!

Category: archive